バケッタレザーの特徴を教えます

バケッタレザー 特徴は、エイジングにより使用するレザーに含まれたオイルが少しずつ滲み出していくタイプの革を言います。使うごとに、艶や光沢感が出てきます。
そのとき、このオイルがとても重要な意味を持ってきます。


バケッタレザー 特徴として、時間をかけてオイルをたっぷりとしみこませるという方法で作られます。できた革は、オイルが抜けにくいです。だから、エイジングがすばらしくなるのです。 


一般的に、レザーをえらぶときは、長持ちするからという理由で選ぶことが多いかと思います。革の愛好者は、さらに使用していく絵で色や手触りが変わる、エイジングにも楽しんでいるものです。このエイジングというのは、本革でしか味わえない楽しみです。


初めての方は、なじみがないかもしれませんが、この楽しさを知っていると、革にはまります。エイジングの楽しさを最も実感できるというところにバケッタレザー 特徴があります。 

バケッタレザー 特徴として、ベジタブルタンニンなめしという手法がとられています。化学薬品を一切使用しないで、樹木による自然なタンニンのみをつかってなめす革の総称です。昔はこのなめしの方法が一般的でした。
しかし現在では、あまりにも手間がかかるので、やめているメーカーがとても多いです。だから希少性があるのです。


素材の重厚感は、使い込むほどにツヤが増し、独特の色に変化していきます。
このタイプの革の場合、新品のときが最高ではありません。
使い込んでいくうちに、さらに良く、最高の状態に近づいていきます。




>>>欧州の高品質バケッタレザーの特徴を生かした革財布と言えばコチラ


30代男性を格上げしてしまうオススメ長財布ランキング
>>>30代男性を格上げしてしまうオススメ長財布ランキング

ページ上部へ戻る 脱毛エステサロン