バケッタレザー お手入れの仕方について詳しく教えます

バケッタレザー お手入れは、擦り傷などができてしまったときに目立たなくしたい、というときに適する方法があります。
オイルたっぷりの革なら、その部分をもみ込むだけでもある程度目立たなくすることはできます。


そのとき、市販されている革用のクリームを塗布しても、
目立たなくすることはできます。
刃物などでおおきく傷ついてしまったときは、
この方法では汚れを目立たなくすることはできません。
革によってはしみになる場合もあるので、
目立たないところで試してからバケッタレザー お手入れするようにしましょう。 



バケッタレザー お手入れでは例えば、
ミンクオイルを使ってケアする方法があります。
革表面が汚れていると、そのまま汚れの上にオイルの層ができてしまいます。
だから、革表面を乾いた布でやさしくふき取り、汚れを落としましょう。


それから眼鏡ふきなど、やわらかい布にオイルを少しつけます。
革に直接、大量のオイルをつけて、そのまま放置してしまうと、そこだけシミになってしまうおそれがあります。
まず布に付けてから、ミンクオイルをつけるようにしましょう。
キズのついてしまった部分だけではなく、できればその周辺も含めてケアしましょう。


円を描くようにしてオイルを塗りこみます。
円を描くには、オイルを均一に塗ることが大切です。
部分的に塗り込むと、そこだけ色が濃くなってしまうので、なるべく全体に刷り込むのが良いでしょう。


最後に乾いた布でふき上げて、完了です。


>>>バケッタレザーのメンテナンスには100年の歴史があるコロニル社の革メンテナンス専門用品がピッタリですね

ページ上部へ戻る 脱毛エステサロン